新型コロナウイルス禍により「ワーク」と「ライフ」の両面で大きな変化が生じています。「ワーク」の面では、これまでオフィスワークを前提にしてきた勤務形態が、一部の企業ではテレワークやリモートワークに置き換わっています。特に緊急事態宣言下においては、通勤の自粛もあり、オフィスに行かずに、自宅において業務を遂行する企業が多くみられました。

一方、「ライフ」の面では、新しい生活様式が求められ、少なくともウイズコロナの時代にはこの様式を守ることが健康と命を守るには必須となっています。

これらの変化を踏まえた新しい「ワーク・ライフ・バランス」はどのようなものでしょうか。

これからのウィズコロナ、その後のポストコロナの時代では、オフィスワークとテレワーク・リモートワークのそれぞれの良い面を活かしたハイブリッドな勤務形態となり、ますます多様な働き方の時代が来るといえます。このことを受け、個人のライフスタイルやライフサイクルに合わせた働き方に選択の余地が生まれ、仕事と生活の幅を広げる良い機会といえます。テレワーク・リモートワークには働く時間と生活の時間との切れ目がなくなることが今回の経験と通して明らかになっていますので、その「オン」と「オフ」を上手に切り替えることに工夫することが必要となります。

ライフの面においては、買い物をはじめとした日常生活は言うに及ばす、地域での活動・娯楽スポーツ・自己啓発などで手洗い等の感染対策や3密の回避、人との接触を減らす配慮が必要となります。健康で安全な生活への配慮がますます求められます。

この新たな局面において、新たな「ワーク・ライフ・バランス」を確立することで、さらに進化した「仕事と生活の調和」を実現したいものです。

特定非営利活動法人 東京都港区中小企業経営支援協会

理事長 鳥海 孝